ゆうきさんの囲碁雑記

囲碁普及に奮闘している日々をメインに書いているグログです^^

ツケヒキ定石

小目の定石として最初に一間高カカリで発生する、ツケヒキ定石を取り上げます。


ツケヒキ1

白7までが基本形です。白7は一路高く打つ場合もあります。
黒は地を大切にしたい時に選択する定石です。
白も理想形の二立三析で満足のワカレ。

黒6が大事で、省いて白7の位置辺りにハサむと・・・

ツケヒキ2

白2のツケが強烈で以下8まで

これは、白の厚みが黒の確定時より勝ります。
ハサんだ黒1の石が逆に攻められる立場になっています。


白5のカタツギとは別にカケツギもよく打たれます。

ツケヒキ3

白7のヒラキが一路広く打ててるのが利点です。
ただ、少し変化があります。黒6で・・・

ツケヒキ4

黒6とノゾキを打ち8とコスミで広げます。白が間に顔出すように打ってきたら、
オサエず、ノビで対応して十分です。
白7でツガずに反発すれば・・・

ツケヒキ5

黒8とハネます。白は9と石を取り、黒は10とノビ突き破ります。
白がそれを嫌ってオサエると・・・

ツケヒキ6

黒10でアタリになり、黒12まで白が不利な戦いになります。
戦いに負けると、白は何も残りません。

なので、白は反発せずにノゾキにはツナギとなります。


以上がツケヒキ定石です。
このぐらいのボリュームで定石を勉強し実践で使って覚えていきましょう^^



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

別窓 | 小目の定石 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ミニルン 2015年4月5日(日) 4月第1週 | ゆうきさんの囲碁雑記 | 詰碁の問題8_解答>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ゆうきさんの囲碁雑記 |