ゆうきさんの囲碁雑記

囲碁普及に奮闘している日々をメインに書いているグログです^^

囲碁とは何か?

囲碁について考えると強くなる・・・ハズ!

または

初心者に囲碁を伝えるにはどうしたらいいか

そのような思いで、「囲碁」について色々考える事があります。

特に初心者、初級者の人に教えている時に感じるのは、

「地が多い方が勝ち」

と教えるのに、打っている自分はその目線で碁を打っていないという矛盾。

棋力が上がればまた変わるかもしれませんが、基本は石の強弱で判断しています。

勿論、初級者の方に石の強弱を教えるは難しいし、教えるべきではないと思っています。

(入門者についてはまた後日)

しかし、どこかの教室の様に地の増減だけで教えると必ず壁にぶち当たります。

特に大人になってから覚えると、その壁はけっこう大きい。


そういう方達には是非、囲碁は「石を囲うゲーム」という認識で打ってみてほしい。
そのように思わせて頂きます。

囲うというのは相手の石をです(^^)

決して、石を取る事ではないのがミソです。


石で「地を」囲う ⇒ 石で「石を」囲う


中級、上級の方で壁にぶち当たっている人

騙されたと思って、是非この考え方で碁を打ってみてください。

ちょっとした発想の転換で、視野を広げましょう♪


囲碁 ブログランキングへ


スポンサーサイト

別窓 | 囲碁上達 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<詰碁の問題1 | ゆうきさんの囲碁雑記 | 詰碁を習慣にする>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ゆうきさんの囲碁雑記 |